高層マンションが値下げする日
東京・大阪・名古屋の高層マンションを購入しているのは、一部の個人と投資ファンド。現在、サブプライムローン問題をきっかけに首都圏の高層マンションの在庫数が増えていく傾向にある。
スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
都内の一等地高層マンションは依然強い
サブプライムローン問題でアメリカ(米国)からの投資が縮小しても、元気のある中東やアジアの資金が代替する可能性がある。また外資系の投資銀行がリスクを取ってさらに買い進める可能性もある。
実際に、中国の資産家が日本の高層マンションを10件まとめて購入する例もある。

過去のバブル崩壊に学び、今回は局所的な価格調整はあるが、バブル時のような地価の下落はないだろうと予測する。
郊外の高層マンションであれば、値崩れの傾向がすでに出てきているが、都内の一等地となると、まだまだ読めないところはあるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kousoumansyon2008.blog42.fc2.com/tb.php/11-516b3166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。