高層マンションが値下げする日
東京・大阪・名古屋の高層マンションを購入しているのは、一部の個人と投資ファンド。現在、サブプライムローン問題をきっかけに首都圏の高層マンションの在庫数が増えていく傾向にある。
スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
マンションの需要バランスが崩れる
簡単に銀行からの融資を受けられなくなった投資ファンドは、より収益性の高い物件を保有していないと、資金取りが苦しくなる。
すると、必然的に今までと同様に投資を行うことのできる投資ファンドの数は減ってくる。数が減れば、投資用のマンション購入が減り、マンションは供給過多になる。
また今までマンションを投資対象として購入してきたファンドが利回りを効率よく確保できるオフィスビルや商業施設にシフトしているという。
こうした時代の流れが、投資ファンド向けに建設してきたマンション在庫を一層増やすことになっている。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kousoumansyon2008.blog42.fc2.com/tb.php/4-973e886e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。