高層マンションが値下げする日
東京・大阪・名古屋の高層マンションを購入しているのは、一部の個人と投資ファンド。現在、サブプライムローン問題をきっかけに首都圏の高層マンションの在庫数が増えていく傾向にある。
スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
需要のない高層マンション
近年、右肩上がりに地価上昇をしてきていたが、このペースに鈍りが見られてきている。
在庫を多く持っている高層マンションでは、当初に予定していた維持管理費などのお金を徴収できず、赤字覚悟でマンションの価格を下げて販売するという「禁じ手」を使った例もある。
最近ではこのような不当なマンション価格の値下げについて、住宅供給公社に高等裁判所で賠償命令が下られた例もある。(地方裁判所での一審では敗訴し、控訴)
いずれも公社(国の全額出資によって設立される特殊法人)の案件で、現在民間では調べる限り出ていない。
今後、マンション在庫を抱える公社や民間の会社が、在庫処分のためマンション価格の値下げをしなくてはいけない日がくるのかもしれない。

参考:多摩ニュータウン:コープタウン見附橋
参考:兵庫県住宅供給公社:マリナージュ芦屋
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kousoumansyon2008.blog42.fc2.com/tb.php/8-86539e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。